腰痛

腰痛を改善していく為に背中と腹筋のトレーニング、どちらを重視すればいいのか?

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉です。

 

腰痛になると、病院で診断を受けて、「背筋・腹筋を鍛えてください」と言われる方がいると思います。

 

背筋も腹筋も腰痛を改善していくには大事なのですが、どちらをどれだけ行えばいいかは、多分病院では教えてくれないこともあると思います。

これを明確にしてくには、あることを考えていかないといけないのです。

 

今日は、これについてお話ししていこうと思います。

 

腰痛を改善していくには、これだけやればいいというのは無い

 

腰痛持ちのクライアントの方によく聞かれることなのですが、「腰痛を改善していく為に背中と腹筋のトレーニング、どちらを重視すればいいのか?」って1度は思ったことがあるかと思います。

 

結論から言ってしまうと、両方です。

 

多分、今の言葉を聞いて、イラっとした方もいるかと思いますが、そういうことなんです。

 

腰痛を改善していくには、これだけやればいいというのは無いんです。

 

ただ、その方の腰痛になった経緯などを考えていった時に、この比率は多少変わってきます。

 

腰痛になった経緯を考える

例えば、腰痛を改善しようと思った時に、腰痛になった経緯を考えていきます。

イスに座りっぱなしの状態でいることが多い→それにより腰痛になってしまった

この様な場合、まずイスに座りっぱなしの状態でいることで、身体がどの様な変化があったかを考えます。

 

その理由としては、以下の様に考えられます。

・骨盤の後傾位への変化

・腹筋群の筋力低下

これ以外にもあると思いますが、今回はこれだけに絞ります。

 

これらの各要素により、身体にどの様な変化で出るのかを考えていきましょう。

 

どれに当てはまるかをチェックをしてみてください

 

まず、先ほど挙げた2つの身体の変化のうち、どれがが実際に身体の変化としてあるのかをチェックしていきます。

 

このチェックをしていき、当てはまった変化が出ることで、身体が更にどの様な変化が起き、腰痛になってしまったのかを考えていきます。

 

ここまでしっかり考えていかないと、実際に改善するためにどの様なことをしていけばいいのかが決まりません。

 

「骨盤の後傾位への変化」の場合

では、仮に「骨盤の後傾位への変化」というのが、チェックに当てはまったとします。

 

この様な状態になると、腰周りにある筋肉は、常にストレッチされるストレスがかかってきます。

 

そのストレスが筋肉に張りを出してしまい、それが腰痛となって感じるのです。

 

次に、それを改善していくには、どうすればいいのかを考えていきます。

 

この様な場合、骨盤の後傾状態を改善していかなければいけないので、単純にいってしまえば、前傾位に骨盤を修正していく筋肉に刺激を入れていくことが必要になってきます。

 

骨盤を前傾にさせるのは、脊柱起立筋などの腰部の筋肉になり、その筋肉に対して刺激を入れていくことが大事になってきます。

 

脚の付け根の前側でもある腸腰筋も刺激を入れていくと、尚いいですが、今回は外していきます。

 

話が逸れましたが、このケースの場合、腹筋ではなく、背筋のトレーニングを行うことが必要になってくるというわけです。

 

背筋のトレーニングをしていき、骨盤の後傾位を前傾位へと変えていくのです。

 

背筋のトレーニング方法の1つをこちらのブログでご紹介していますので、参考にしてみてください。

長時間座って腰痛になったら、やってほしい改善エクササイズとは?

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、長時間椅子に座っていると腰が痛くなってくることはありませんか?   私は、映画館やコンサートホールな ...

腹筋群の筋力低下」の場合

 

では、「腹筋群の筋力低下」の場合の腰痛は、どうすればいいのか?

 

腹筋群の筋力が落ちてくると、ポコっとお腹が出る方が多いです。

 

すると、座っている時はいいのですが、立っている時に腹筋群の力がないと、腰を支えるのに腰周りの筋肉が過剰に力を出さないと支えられなくなり、それがオーバーになると、筋肉にハリが出てきます。

 

それが結果的に腰痛へと繋がるのです。

 

この様な腰痛の場合、腹筋群のトレーニングを行うことが必要になっていきます。

 

腹筋群のトレーニング方法は様々ですが、深呼吸といった腹式呼吸や、身体を起こす様なクランチなどの種目が必要になってきます。

 

1つの改善方法として、こちらのブログでもご紹介していますので、参考にしてみてください。

姿勢改善するために、どんな腹筋運動をすればいいのか? その2

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日は、昨日の続きですね。   2019まだ昨日のブログを読まれていない方は、下記のリンクからご覧ください。 ...

 

まとめ

 

ここまで簡単にですが、腹筋を重視して改善していく腰痛と、背筋を重視して改善していく腰痛を分けてお伝えしました。

最初にもお伝えした通り、なぜ自分自身が腰痛になってしまったのかを考えていく必要があります。

 

腰痛は、あくまでも結果です。

 

結果に対して、何かの対策を行なっても、改善はできません。

 

結果を引き出している原因を突き止め、それに対して対策をしていかねばなりません。

 

まずは、専門家などに自分の腰痛の原因などを聞いたりしてみるのが最初にやるべきことかなと思います。

 

それにより、腹筋を重視して改善していく腰痛と、背筋を重視して改善していく腰痛と分けられます。

 

腰痛でお悩みの方は、ぜひ近くの専門家に聞いてみてください。

 

今回の腰痛に関してのトレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

-腰痛
-, , , , , ,

© 2020 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER