姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ

〜姿勢を改善し、猫背・腰痛・肩こり・理想のスタイルに改善していきましょう〜

腰痛

腰痛改善に必要なのは、腰を動かすことではなく、◯◯を動かすこと!

投稿日:

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

GW明けで仕事が戻った方もいるかと思いますが、仕事が復帰し、腰痛などの違和感も一緒に復活した方もいるのではないでしょうか?

 

腰痛改善というと、腰周辺部のマッサージやストレッチ、または腰を捻るといった動きを行なって改善しようという方もいるかと思います。

 

でも、そうやってもうまく腰痛が改善できない場合は、もしかしたら股関節を動かすことで改善できるかもしれません。

 

腰周辺部の筋肉にハリが出てしまう訳

 

腰痛の方の多くは、腰周辺部に違和感を持ちます。

 

その原因として、骨の異常、靭帯の炎症、筋肉のハリなどがあるとそのように感じます。

 

今日お話しする内容は、あくまでも筋肉にハリがあって、それが腰痛となって感じる場合の内容です。

 

骨や靭帯自体などに異常がある場合は、医療機関でも診察をおすすめしますので、その点はご理解の上、お読みください。

 

さて、少し前置きをさせて頂きましたが、腰周辺部の筋肉にハリが出てしまう原因は様々です。

 

しかし、なぜそのような状態になってしまうのでしょうか?

 

その理由として、股関節を使えていないことがあります。

 

股関節を動かしていることと、使えていることはイコールではない

なぜ普段歩いたり、階段を昇ったりしているはずなのに股関節を使えていないことになってしまうのでしょうか?

 

確かに歩いたり、階段を昇ったりすることで股関節は動いています。

 

これは事実です。

 

しかし、股関節を動かしていることと、使えていることはイコールではないのです。

 

私の見解として、股関節を使えている方の多くは、適度に臀部にハリがありますし、また太ももの前側の筋肉がリラックスしやすく、無駄なハリがありません。

 

例えば、下記のようなヒップリフトというエクササイズをするとします。

この時に、股関節が使える方は、お尻を挙げる際、腰を反らせ過ぎずに臀部が収縮します。

 

また、挙げた状態から下げる際にも腰を丸めずにお尻を下げることが出来ます。

 

もちろん、あえて背骨の丸みを作りながら行う場合、話は別ですが、股関節のエクササイズとして行う場合は、そのような動きが入ることは、あまりいいとは言えません。

 

この例えから分かるように、股関節を動かしているように見えますが、実際は腰を大きく動かして・・・いや、無駄に動かして、股関節の動きを出しているように見せているのです。

 

これが、日常生活の中で起きてしまうことで、腰周辺の筋肉にハリが出てきてしまうのです。

 

単純に股関節を沢山動かせばいいという訳でありません

 

では、股関節を使えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

単純に股関節を沢山動かせばいいという訳でありません。

 

もし、股関節が動かせない状態、そして腰が無駄に動いてしまう状態で、股関節を沢山動かしても、結果的に腰が動きの補助をしてしまうので、意味がありません。

 

でも、股関節を動かすことが大事なのです・・・腰を動かさないように。

 

股関節を動かす時に、腰を動かさないように固定をする・・・文章で書くと、簡単に思えますが、実際にやってもらうと難しいのです。

 

先ほど、例えでお見せした写真のエクササイズも簡単に思えますが、結構難しいんです。

 

最初から上手くやろうとしても出来ない方が多いのです。

 

腰を動かなさいようにするには?

では、どのように先ずは行えばいいのでしょうか?

 

腰を動かなさいようにするには、腹筋群や背中の筋肉の力が必要になってきます。

 

これらの部位の力が上手く入れられないと、固定することは出来ません。

 

私のパーソナルトレーニングでも、まず最初にこれが出来るかを見ていきます。

 

これは年齢や運動経験に比例することはありません。

 

80歳代の方が上手く出来ることもありますし、20歳代の方が上手く出来ないこともあります。

 

もし、上手く出来なかったとしてもその方の状態によってエクササイズを行なっていき、腹筋群や背中の筋肉の力を使い、腰周辺を固定出来るようにしていきます。

 

腰周辺を固定出来るようにしていくには、◯◯を行う

 

実際に、腰周辺を固定出来るようにしていくには、どうすればいいのでしょうか?

 

最初の入り口としては、深呼吸を行ってもらいます。

深呼吸でも、特に息を吐き切ることを意識していくことで、腹筋群や背中の筋肉の力を使い、腰周辺を固定しやすくなっていきます。

 

私自身もトレーニング前の準備として行うこともあります。

 

息を吸うことは、皆さん出来るのですが、息を吐き切るというのは、かなり慣れないと出来ません。

 

実際にやってもらうと分かりますが、これ以上吐けないというところからから更に息を吐き切るまでやるのは、難しいんです。

 

クライアントの方にやってもらうと、これだけで疲れるという方もいます。

 

それだけ、息を吐き切るという行為は、日常的にやっているように思えて、出来ていないのです。

 

これを行なってから股関節を動かすと、かなり違いが感じられるはずです。

 

臀部などに今まで感じなかったような収縮感を感じる方もいらっしゃいます。

 

このようにして段階を踏んで、股関節を動かしていくことで、無駄な腰の動き抑え、腰周辺の筋肉のハリも落ち、腰痛を改善出来ますので、もし心当たりがある方は、お試しください。

 

また今回深呼吸を最初の入り口としてご紹介しましたが、慣れてきたら徐々に負荷を加えつつ、様々なエクササイズを行なっていくとより効果的です。

 

こちらに関してご興味ある方、また他のトレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

パーソナルトレーニングはじめませんか?実際のトレーニングの流れをご紹介します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、初めて行く場所や何かを体験する時にワクワクしたり、緊張したりしませんか?   私もそういった経験があ ...

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日は、以前パーソナルトレーニングを受ける方から、トレーニングなどに関してお問い合わせがいくつかありましたので、それらの ...

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

-腰痛
-, , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.