野球

肩を痛めないために実践してほしいエクササイズとストレッチ

2020年1月5日

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉です。

 

明けましておめでとうございます。

 

今年1年もよろしくお願い致します。

 

プレーしていると肩を痛めてしまう方もいるのではないでしょうか?

 

肩を痛めてしまう要因は様々です。

・突発的な怪我:打球が肩に当たる、プレーの中で他の選手とぶつかって痛める
・慢性的な怪我:長期間投げ続けたことによる怪我

 

今回は、慢性的な怪我に関して、お話ししていこうと思います。

 

 慢性的な怪我は、予防をしていくことは可能

慢性的な怪我の場合、ある程度の予防をしていくことは、可能です。

 

この予防をどの様に行うかがポイントになってきます。

 

投げるという動作を多く行うと、どうしても筋力や筋肉のハリに差が出てきます。

 

それらを普段の練習やトレーニング時間前に改善していくことがおすすめです。

 

それらを放っておくと、それが慢性的な怪我へと繋がってしまいます。

 

ローテーターカフも大事だけど・・・

 

肩の慢性的な怪我を予防するエクササイズというと、ローテーターカフといわれる回旋筋群を鍛えていくエクササイズをイメージしやすいかと思います。

 

確かにこれらも大事ではあります。

 

それ以外にも鍛えて欲しい場所があります。

 

それは、三角筋後部です。

 

続きは、こちらから→https://note.com/ktomoya/n/n3975aa6fbd2a

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.