スタイル改善 肩こり

肩こり&スタイルを改善する股関節ストレッチ!やり方とポイントは?

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉(Twitter:@kugayamatomo)です。

 

デスクワークや座っている時間が長いと、肩こりになってしまって悩んでいませんか?

 

肩こりになってしまうことで見た目のスタイルが崩れてしまう可能性があります。

 

そのようにならない為にも、このブログでご紹介する股関節のストレッチをやって頂くことをおすすめします。

 

各ストレッチのやり方やポイントもしっかりご紹介しますので、ぜひブログを読みながら行ってみてください。

 

なぜ肩こりになってしまうのか?

 

なぜ、デスクワークや座っている時間が長いと、肩こりになってしまうのでしょうか?

 

その要因として、座っている姿勢がポイントです。

きっと多くの方が、このような姿勢になってしまうかと思います。

 

この時に背中が丸まってしまい、肩や背中周りの筋肉が張ってしまい、肩こりが引き起こされるのです。

 

では、このような姿勢にならない為には、どうすればいいのでしょうか?

 

それには、骨盤に注目して欲しいのです。

 

ハムストリングスが短縮してしまう

先ほどの絵は、前に身体をかがめるような感じです。

 

このような姿勢になると多くの方が、骨盤を前ではなく、後ろに倒したような状態で座り、デスクワークを行っていることが多いのです。

 

骨盤が後ろに倒れることで、目線が下がって画面を見やすくなったり、楽にタイピングが出来たりします。

 

それが長時間継続されると、ハムストリングスという腿裏の筋肉が短縮してしまいます。

すると、日常生活なのかで、ハムストリングスが常に骨盤を後ろへ倒そうとするので、立った時の姿勢も猫背や、お尻の形が下がったような形になってしまうのです。

 

また座る時に、骨盤を後ろへ倒した状態を作ることが当たり前になってしまい、背中が丸まり、肩こりへと繋がるのです。

 

そのようにならない為にも、ハムストリングスをストレッチしていき、骨盤を後ろへ倒さないようにしていくことが必要なのです。

 


デスクワークや座っている時間が多いと、ずっと股関節を曲げている

 

そして、もう1つ大事なことがあります。

 

デスクワークや座っている時間が多いと、ずっと股関節を曲げている状態が続きます。

 

これにより、ある筋肉が硬くなってしまいがちになるのです。

 

その筋肉は・・・腸腰筋です。

この筋肉は、腿上げ:股関節を曲げる際に働くのですが、それ以外にも、座っている時に骨盤の位置をコントロールすることもします。

 

これが長時間のデスクワークなどの座っている時間が多いと、硬くなります。

 

そして、長時間のデスクワークなどで、この筋肉の伸縮する動きが少なくなるので、力を上手く引き出せなくなります。

 

その結果、骨盤の位置をコントロール出来なくなり、骨盤を後ろへ倒しやすくなり、背中が丸まり、肩こり・スタイルが崩れる1つの要因になるのです。

 

肩こりを改善していくには背中や肩の筋肉などにアプローチしていくことも大事なのですが、ハムストリングスと腸腰筋をストレッチしていき、骨盤の位置にもアプローチしていくことも必要となるのです。

 

股関節ストレッチのやり方とポイント

 

では、実際に股関節ストレッチのやり方とポイントをお伝えします。

 

まず最初に、ハムストリングスのやり方とポイントです。

 

ハムストリングスのストレッチのやり方とポイント

ストレッチのポイント

①椅子に座り、伸ばしたい脚を前に伸ばす。その時に膝も伸ばしておく。

②両手は腿の上に置き、股関節から身体を前に倒していく。

③その時に、背中が丸まらないように注意する。

④20〜30秒を目安に伸ばしていく。

身体を前に倒す時は、背中の丸みとしっかり骨盤から前に倒し、股関節の屈曲を深く作るイメージを持ちつつ行うようにしてあげると、腿裏のストレッチが入りやすくなります。

 

腸腰筋のストレッチのやり方とポイント

次に腸腰筋のストレッチをご紹介します。

ストレッチのポイント

①脚を前後に開く。その際に伸ばしたい側の腸腰筋と同じ側の脚を後ろに置く。

②前脚の方へ、少しずつ体重をのせていき、引いている脚の前側の付け根の部分にストレッチをかけていく。

③その際に、腰が反らない様にお腹に力を入れておく。

④20〜30秒を目安にストレッチを行なっていく

前方へ体重移動をさせていく際に、どうしても身体が前に倒れやすい方がいます。

 

身体が前に倒れてしまうと、ストレッチが甘くなりますので、身体は前へ倒れないように意識をしながら行ってみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

長時間のデスクワークや座っている状態が続くと、肩こりになり、そこから見た目のスタイルが崩れてしまう可能性があります。

 

特に骨盤が後ろへ倒れた状態が継続され、その結果、お尻が下がってしまいやすくなります。

 

そのようにならない為にも、今回ご紹介したハムストリングスや、骨盤の位置をコントロールする腸腰筋という筋肉をストレッチでリラックスさせ、スタイルが変わらないうように意識をしてみてください。

 

肩こり改善やスタイル改善には、様々な方法があります。

 

他のブログでもやり方などをご紹介していますので、参考にしてみてください。

こちらもCHECK

慢性的な肩こりになると、身体のスタイルが崩れる4つの理由とは?

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉です。   デスクワーカーさんにとても多い肩こり。   慢性的な肩こりにお悩みの ...

続きを見る

こちらもCHECK

ぽっこりお腹を改善するために必要な意識・エクササイズは何が必要なのか?

駒沢公園・飯田橋の姿勢改善専門パーソナルトレーナー北村智哉です。   11月に入り、急に寒くなりましたね。   私は、寒いのが苦手なので、これからが我慢の季節になります。 &nbs ...

続きを見る

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、東京・埼玉県(草加市)内でも新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉

-スタイル改善, 肩こり
-, , , ,

© 2020 肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER