野球

股関節を大きく動かせる様になりたいなら、RDLがおすすめです!

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉です。

 

股関節を大きく動かせる・・・可動域を広げるためにじわーっと伸ばすストレッチを継続している方も多いと思います。

 

また、ダイナミックに動かしていく様な動的ストレッチを行なっている方も多いと思います。

 

それらは股関節の可動域を獲得する上では、必要ですが、私はRDLもおすすめしています。

 

RDLって何?

 

RDLって言葉を聞いたことはありますか?

 

これは、筋トレエクササイズの1つを略語にしたものです。

RDL=ルーマニアンデッドリフト

言葉だけ聞くと、ルーマニア発祥なのかな?って思いますね(笑)

 

ネットで調べると、ルーマニア人の金メダリストがやっていたから、この名前がついたらしいですが、本当のところは分かりません。。。

 

話が逸れましたが、このエクササイズは、大のお気に入りで、自分自身もやりますし、実際にクライアントの方にもやってもらうことが多いです。

 

では、一体このRDLは、どの様な種目なのでしょうか?

RDLのやり方

このエクササイズの大まかな動きは、こんな感じです。

ルーマニアンデッドリフト_お尻_ハムストリングス

①バーベルを前に持ち、立ちます。
②そこから前に深くお辞儀をする様に身体を前に倒していきます。
③その際に、背中全体の丸まりが出ないように気をつける。
④お尻・腿裏のストレッチが感じられたら、元に位置に戻る

一見難しそうに見えますが、コツさえ掴んでしまえば、簡単に出来てしまいます。

 

動きは股関節から

 

ここからは、エクササイズのポイントをお話しします。

 

ポイントは2つです。

 

①動きは、股関節から
②背中を丸めない

 

まず、1つ目のポイントからお話ししていきましょう。

 

これをしっかり動かしていくことが大事なのです。

 

先ほどの動きを見てもらっても分かるかと思いますが、この種目は身体を大きく前に倒します。

 

つまり、股関節の動きを大きく使います。

 

そのため、股関節の後ろ側(お尻や腿裏のハムストリングス)といった筋肉をストレッチさせながら行います。

ハムストリングス_臀部_大腿

※画像はINVISIBLE BODYから引用

膝は少し曲げますが、それでも大きく筋肉に伸びを感じていきます。

 

股関節を大きく動かすことで、股関節の動きを意識も出来るので、スクワットの導入にも取り入れたりします。

 

初めてやる方は、これをやると翌日には筋肉痛がバチバチにきます。

 

でも、ぞれだけそこに筋肉に刺激が入っているからです。

 

バチバチに筋肉痛がくると、逆に柔軟性がなくなるのでは?と思ってしまうかもしれません。

 

確かに筋肉痛が一時的にある間は、動かしにくくなるので、身体を大きく動かすことは難しいです。

 

しかし、筋肉痛がやがてなくなり、これを長期的に継続していくと、筋肉の伸びが出やすくなり、結果的に股関節の可動域が広がってきます。

 

続きはこちらから→https://note.com/ktomoya/n/n6cb70dd16b5b

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, ,

© 2020 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER