姿勢改善 猫背改善

これで猫背を改善!家でも出来るおすすめの改善トレーニング3選

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉です。

 

コロナウィルスの影響で、お家に引きこもり、デスクワークだけになってしまい、いつも以上に運動不足になっていませんか?

 

その様な状況になると、猫背にもなりやすくなってしまいます。

 

猫背になってしまうと、肩こりや腰痛、またスタイルが崩れてしまったりします。

 

競技をやっている方だと、それがパフォーマンスの低下に繋がる可能性があります。

 

このブログで紹介する『猫背改善トレーニング 』を実践すると、デスクワークによって猫背になってしまった背中を改善出来ます。

 

今回は、家でも出来る猫背改善トレーニングのおすすめの3つをご紹介します。

 

このブログを読みながら、実践してみてください。

 

生理的弯曲が崩れます

 

猫背になってしまうと、身体はどの様な状態になってしまうのでしょうか?

 

まず、この画像を見てください。

 

私のブログを以前からご覧いただいている方は、お馴染みのものになりますが、人の背骨を横から見た画像です。

この様に背骨はS字の様にカーブを描いており、この形を生理的弯曲といいます。

 

しかし、これがデスクワークを長時間行っていくと、この様になっていませんか?

背中全体が丸まってしまっている状態。

 

いわゆる猫背の状態ですね。

 

またスマホの長時間使用や、読書といったことを行なっていると、生理的弯曲が崩れます。

 

そして、猫背へと近くのです。

 

すると、首や肩といった筋肉が張ってきてしまいます。

 

首や肩といった筋肉が力を出し続けないといけない

首や肩が張ってしまうのは、背骨が丸まると、頭がより前に出た位置になります。

 

その頭を支えるために、首や肩といった筋肉が力を出し続けないといけないのです。

 

それが長時間になればなるほど、首や肩といった筋肉が張ってきてしまうのです。

 

その状態を改善していくには、首や肩周辺にある筋肉をマッサージやストレッチなどでリラックスさせることも大事です。

 

しかし、長時間のデスクワークなどにより、背骨の動きが出難くなったり、また背骨に沿ってついている筋肉も張ってきます。

 

いくら首や肩といった筋肉が張ってきてしまうといって、そこだけに集中して改善するためのことを行なっても、その周辺が変わらないと、また首や肩といった筋肉が張ってきてしまう可能性があるのです。

 

だからこそ、背骨に沿ってついている筋肉に対してストレッチやトレーニングで、張りを取り除いたり、動きを出してあげることも大事になってきます。

 


背骨の動き

 

では、実際にどの様なトレーニングをしていけばいいのでしょうか?

 

まず皆さんに知って欲しいのは、背骨の動きです。

 

背骨の動きは、基本以下の3つに大きく分けられます。

①丸める・反る

②横へ倒す

③捻る

この3つの動きをそれぞれ行うことが大事になってきます。

 

1つ1つの動きだけをパッと見ると簡単ですが、今回は細かい意識のところまでお伝えしていこうと思います。

 

そのためには、運動中は、これを意識してください。

背骨を1つ1つ動かしていくことを頭の中でイメージしてください。

背骨の動きを行う際に、背骨を1本の棒の様なイメージを持っていたり、また重機械のアームの様なイメージで動かす方が多いです。

今回の背骨の場合は、小さな骨が頸椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、合計で12個積み重なっているのです。

 

背骨に沿っている筋肉は、1つ1つをつないでいる筋肉もあるのです。

 

それらを使うためには、背骨1つ1つを動かすことが大事になってくるので、大まかに背骨を動かすということでなく、しっかり1つ1つを丁寧に動かすことをイメージして欲しいのです。

 

背骨を動かす改善トレーニング

 

実際にそれぞれの動きを行う改善トレーニングをお伝えしていきます。

 

丸める・反るトレーニング

1つ目は、丸める・反るです。

①四つん這いの状態を作る

②背骨を反ったり、丸めたりしていく。

③呼吸は止めずに、自分の動きに合わせて吐く・吸うを行う。

④20回を1セットとし、1〜2セット行う。

ここであることに注意してください。

ココに注意

・運動中は肩をすくめない

・運動中は肘を曲げない

この運動では、どうしても上記の2点を行なってしまいがちです。

 

上記のポイントが、運動中に出てきてしまうと、上手く背骨が動かなかったり、余計な力が違った部位に入ってしまうことがあります。

 

横に倒すトレーニング

2つ目は、横に倒すです。

①座った状態を作る

②背骨を腰の部分から1つ1つ横へ倒す様に動かしていく。

③呼吸は止めずに、横へ倒す時に動きに合わせて吐く。

④左右各10回を1セットとし、1〜2セット行う。

ここでの注意ポイントは・・・

ココに注意

・運動中は肩をすくめない

・横へたそいた際に、お尻が浮かない様に注意する

画像では、あぐらの状態ですが、椅子に座って行なっても構いません。

 

しかし、運動時に、お尻が浮いてしまうと、背骨が倒れ難くなってしまうので、運動中は、お尻が浮かない様に注意してください。

 

捻るトレーニング

最後に3つ目の捻るです。

 

この捻るは2種類の運動を紹介します。

 

そのうちの1つは、開くことを意識した捻る動作です。

①四つん這いの状態から、片側の手を耳の横に置き、内へ捻った状態を作る。

②そこから、身体を大きく外へ開く様に捻る。

③その時にお腹を引き上げつつ、腰が丸まらない様に注意する。また、背骨の捻れを意識する。

④この動きを往復で繰り返し、左右各10回を1セットとし、2セット行う。

次に捻る動作の2つ目ですが、今度は内へ閉じることを意識した捻る動作です。

①四つん這いの状態から、片側の手を反対側の手と脚の間に入れる。

②その時に手をより遠くへ伸ばす様にする。それと同時に伸ばしている手側の肩甲骨が外へ広がり、背骨~肩甲骨周辺の筋肉が伸びる意識を持つ。

③それと同時に背骨の捻れを感じる。

④左右各10回を1セットとして、2セット行う。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

猫背を改善するには、背骨を動かしていくトレーニングも必要になってきます。

 

今回ご紹介したトレーニングは、改善していく上での1つの方法です。

 

猫背を改善していくことで、肩こりや腰痛、スタイル崩れを予防・改善が出来ます。

 

また競技のパフォーマンスアップにも繋がってきますので、ぜひ家で行なってみてください。

 

猫背改善には、他にもいくつかの方法があります。

 

ブログでも改善方法は色々とご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

猫背改善に効果的なスクワット!2つのポイントと注意点を紹介!

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉です。   猫背を改善したくてお悩みの方、もし猫背が改善できるスクワットの方法があったら知 ...

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市)内でも新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉

-姿勢改善, 猫背改善
-, , , , ,

© 2020 肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER