野球

股関節の動きを改善!絶対にやって欲しい3つの股関節エクササイズ

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉(Twitter:@kugayamatomo)です。

 

練習前のアップや守備練習をしている時に、もっと股関節が動いたらいいな・・・なんて思ったりして、悩んでいませんか?

 

私も現役の時にそういう思いをした事もあります。

 

このブログで紹介する『3つの股関節エクササイズ』をアップでやってもらうだけで、誰でも股関節の動きを改善できます。

 

なぜなら、私自身も下半身のトレーニングを行う時や、実際のクライアントの方にも、今回紹介するエクササイズを行ってからメインの練習やトレーニングを行うと、しっかり動かせる感覚があるからです。

 

このブログでは、3つの股関節エクササイズでポイントになる部分を紹介します。

 

ブログを読んで、その後の練習やトレーニングに活かしてみてください。

 

股関節について

 

まず、股関節について簡単にお話ししていきます。

 

股関節は球関節といい、ほぼ360°(少し大袈裟ですが)ぐらい自由に動かせる関節の構造となっています。

 

股関節の主な動きとして、以下の6つが挙げられます。

・内転↔︎外転

・内旋↔︎外旋

・屈曲↔︎伸展

細かい動きに関しては、ここで省略しますので、詳しく知りたい方は、ネットで調べてみてください。

 

この6つの動きですが、実際の練習やトレーニングですと、いくつかの動きが同時に行われて動きます。

 

いわゆる複合的な動きですね。

 

その際に、どれかの動きに硬さが出てしまうと、その複合的な動き自体が小さくなってしまいます。

 

すると、練習やトレーニングでも動きが小さくなってしまうことがあります。

 

そのようにならない為にも、各動きを大きく動かせるようにしておくことが大事になってきます。

 

その中でも主観的に、また多くのクライアントの方を見ていると、この3つの動きが苦手だなということが多く感じます。

 

それは・・・

・伸展

・外旋

・屈曲

この3つは、あくまでも私自身が指導している中で特に動きが小さい方が多いように感じます。

 

また、しっかり動けているように見えて、代償動作が出ていたりもしますので、それによりトレーニングの怪我や目的と違う箇所に刺激が入ってしまうなども可能性とあります。

 

今日は、この3つに絞った改善エクササイズをご紹介していきます。

 


股関節の動きを改善するエクササイズ

 

では、改善エクササイズをご紹介していきますが、出来るだけご紹介した順に行うようにしてください。

 

これにも訳がありますので、それは最後にお伝えします。

 

続きはこちらから→股関節の動きを改善!絶対にやって欲しい3つの股関節エクササイズ(note)

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , , ,

© 2020 肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER