姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ

〜姿勢を改善し、猫背・腰痛・肩こり・理想のスタイルに改善していきましょう〜

スタイル改善

太ももの外側のハリを解消するなら、もも裏の内側のエクササイズをしましょう! その2

更新日:

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

今日は昨日の続きですね。

 

昨日のブログをまだ読まれていない方は、こちらからご覧ください。

太ももの外側のハリを解消するなら、もも裏の内側のエクササイズをしましょう!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、デニムなどのパンツを履く時に太ももの外側のハリを気にしたことはありませんか? 私のクライアントの方にも、それを ...

 

脛の骨が外に捻れたままでは、ダメなんです!

 

今日は、まず「なぜ、もも裏の内側の筋肉をエクササイズで刺激を入れていくことが改善方法なのか?」をお伝えしますね。

 

昨日のブログでは、以下のように書きました。

「太ももを内へ捻ったり、足を外に開いた状態での立ち方や座り方で過ごし、そのまま歩いてしまうこと」が原因で張ってしまう。

ここで、ポイントなのは、内へ捻ることで、正確にいうと捻られた状態が長期間続くことで、そのようになってしまうのです。

 

そして、この内へ捻ることを改善・・・つまり外へ太ももを捻る作用がある筋肉に刺激を入れ、内へ捻らせないようにするのです。

 

この時に作用するのが、大臀筋です。

 

これは、お尻にある大きな筋肉なのですが、この筋肉を刺激するだけではダメなんです。

 

立位の際に、前回お話しした外側広筋テンションがかかると、膝のお皿の骨の膝蓋骨を外側上方へ引っ張ります。

すると、それに伴って脛の骨に対して、外側に向かって捻れる力が働きます。

 

そのため、太ももが内に捻れる状態が改善しても、脛の骨が外側に捻れてしまっている状況は変わらないので、また外側広筋にテンションがかかってしまうかもしれないのです。

 

それを改善していくのに必要なのが、もも裏の内側の筋肉なのです。

 

それらの筋肉は、半腱様筋・半膜様筋といいます。

写真の筋肉で、内側に付いている筋肉です。

 

ちなみに外側にある大腿二頭筋という筋肉を含めてハムストリングスと呼びます。

 

この2つをエクササイズで刺激を入れていくことが必要なのですが、では、どのようなエクササイズを行なっていけばいいのでしょうか?

 

これは明日お伝えしますね。

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からご質問ください!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

パーソナルトレーニングはじめませんか?実際のトレーニングの流れをご紹介します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、初めて行く場所や何かを体験する時にワクワクしたり、緊張したりしませんか?   私もそういった経験があ ...

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日は、以前パーソナルトレーニングを受ける方から、トレーニングなどに関してお問い合わせがいくつかありましたので、それらの ...


埼玉(草加市・越谷市)への出張パーソナルトレーニングの新規クライアントを募集します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   現在、東京でパーソナルトレーナーとして活動していますが、今後は少しずつ埼玉へと活動を広げていこうと考えております。 主な ...

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

-スタイル改善
-, , , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.