姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ

〜姿勢を改善し、猫背・腰痛・肩こり・理想のスタイルに改善していきましょう〜

スタイル改善

太ももの外側のハリを解消するなら、もも裏の内側のエクササイズをしましょう!

更新日:

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

皆さんは、デニムなどのパンツを履く時に太ももの外側のハリを気にしたことはありませんか?

私のクライアントの方にも、それを解消したくトレーニングをされている方もいます。

 

このハリを解消するには、ストレッチも大事ですが、もも裏の内側の筋肉を使うエクササイズも大事なんです。

 

今日は、それについてお話ししますね!

 

どんな立ち方・座り方・歩き方をしていますか?

 

まず、太ももの外側のハリの原因は、この筋肉です。

外側広筋です。

 

太ももの前側についている大腿四頭筋の筋肉の一部であり、膝を伸ばす際に作用する筋肉です。

 

この筋肉が知らず知らずのうちに張ってしまうのですが、なぜ張ってしまうのでしょうか?

 

それは、「太ももを内へ捻ったり、足を外に開いた状態での立ち方や座り方で過ごし、そのまま歩いてしまうこと」が原因と考えられます。

では、なぜそのような状態になると張ってしまうのでしょうか?

 

膝を伸ばす際には、大腿四頭筋という筋肉が作用します。

 

その際に、膝のお皿(膝蓋骨)を上へ引っ張られていくのですが、太ももを内へ捻ったり、足を外に開いた状態で膝を伸ばす動作を行うと、太ももの外側に凄く負荷がかかり、外側広筋の収縮がとても活発になります。

 

つまり、活発になるということは、それだけ筋肉が使われており、それにより筋肉がハリやすい条件になってしまうのです。

 

椅子に座って、膝をうちに向けるように太ももを内へ捻った状態で膝を伸ばしてみてください。

 

きっと、今お伝えしたことが実感できると思います。

 

その状態で立つ・座る・階段を昇り降りすることを頻繁に行えば、それだけ外側広筋に刺激が入り続けることになります。

 

そのことが原因で太ももの外側が張ってしまうのです。

 

また、太ももを内へ捻った状態で立つっているだけでも、太ももの外側にテンションがかかるのがわかると思います。

 

この状態も太ももの外側を貼らせてしまう原因になってしまうのです。

 

よって、この原因を改善していかなければ、ますます太ももの外側にハリが出てしまうのです。

 

では、このハリを改善するには、もも裏の内側の筋肉をエクササイズで刺激を入れていくことが改善方法なのですが、なぜそれが改善方法なのでしょうか?

 

この続きは、明日お伝えしますね。

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からご質問ください!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

パーソナルトレーニングはじめませんか?実際のトレーニングの流れをご紹介します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、初めて行く場所や何かを体験する時にワクワクしたり、緊張したりしませんか?   私もそういった経験があ ...

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日は、以前パーソナルトレーニングを受ける方から、トレーニングなどに関してお問い合わせがいくつかありましたので、それらの ...


埼玉(草加市・越谷市)への出張パーソナルトレーニングの新規クライアントを募集します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   現在、東京でパーソナルトレーナーとして活動していますが、今後は少しずつ埼玉へと活動を広げていこうと考えております。 &n ...

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

-スタイル改善
-, , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.