姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ

〜姿勢を改善し、猫背・腰痛・肩こり・理想のスタイルに改善していきましょう〜

野球

投球時のリリースポイントを改善していく上で大事なこととは?

更新日:

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

今日は、週末限定の野球ブログです。

 

テーマは「リリースポイント」についてです。

 

野球をしている方なら、1度は聞いたことある「リリースポイント」という言葉ですが、これは簡単に言ってしまうと、投げる際にボールを離すポイントという意味です。

腕の角度など様々な要因がありますが、今回は、このリリースポイントを作る上で大事なことをお伝えしていきます。

 

リリースポイントを作るときに何を意識していますか?

 

野球のポジションでいいうと特にピッチャーをされている方は、このポイントをとても意識していると思います。

 

その理由は、このポイントが毎回バラバラだとコントロールした球を投げることが出来ないからですよね。

 

また、四死球を出してしまったり、低めのコースに投げ分けることが出来ないからです。

 

コントロールが上手く出来ない方は、リリースポイントを意識して投げようと試行錯誤しているかと思います。

 

例えば・・・

・ボールをあと一瞬長く持って投げる

・この角度から腕を振ってボールをここで離す

きっと1度は、このように意識して投げたかと思います。

 

確かにこのような意識を持って行うことはいいと思いますが、私はこの意識はあくまでも最終段階で意識していくことであり、それよりももっと意識していくべきことがあると思います。

 

それは、リリースポイントまでの身体の動きです。

 

これが改善できなければ、リリースポイントは、ずっと修正することは不可能だと思います。

 

例えば・・・

ピッチングの際に低めに向かってコントロールが上手く出来ないと過程します。

①投球フォームの動画を見ていくと、リリースポイントが毎回ずれている。

②この毎回ずれているリリースポイントを一定させようと考える。

③一定させるためには、1番コントロールできるポイントでリリースする意識を持つ。

このように書いていくと解決していけるように思えます。

 

しかし、今、書いた解決方法は、「リリースポイントが毎回ずれている」という結果に対しての対応策です。

 

なぜリリースポイントが毎回ずれているのか?という問題解決になっていないのです。

 

この問題解決をしない限り、時間が経ったときに、きっと同じような問題が出てくるはずです。

 

リリースポイントを改善していくポイント

 

では、この問題を解決していくには、どうすればいいのでしょうか?

 

これにはポイントがあり、そこを見つつ指導していきます。

 

それは・・・

投球時に踏み込んだ際に、ボールを持つ手が後頭部にあるか?

 

投球時に踏み込んだ際に、投げる腕の肘が肩の高さよりも上にあるか?

皆さんは、投球時に踏み込んだときにボールを持っている手は、どこにありますか?

 

投球時に踏み込んだ際に、ボールを持つ手が後頭部にあることで、その後の動作で肘が肩よりも高い位置に持ってこれるようになります。

 

身体は余計な力みを出さずとも腕を振ることができるので、リリースポイントがそれに伴い、安定した所に定まってきます。

 

しかし、このボールを持つ手が投球時に踏み込んだ際に後頭部よりも下にある場合、その後の動作では、肘が肩よりも低位置にきてしまいます。

 

この状態で投げようとすると、腕が上がらないために、リリースポイントが理想の位置からすれます。

 

すると、その位置を修正しようとし、余計な肩の力などを入れて腕を挙げて、リリースポイントを理想の位置に持っていこうとします。

 

しかし、余計な肩の力などが入っており、力みが生じ、それによりリリースポイントがずれ、安定しなくなってきます。

 

これがリリースポイントがずれてしまう要因なのです。

 

実際にプロの選手の投球フォームのスロー動画を見ていくと、投球時に踏み込んだ際に、ボールを持つ手が後頭部にあります。

 

アンダースローやサイドスローの選手の場合は、肩よりも低い位置に肘があるように見えますが、そのような投げ方の選手の場合は、投げる腕と同じ肩を下に傾けながら投げるので、関節の角度から考えると、スリークォーターやオーバースローの選手とそこまでは変わりません。

 

個人的には、楽天の則本選手の投球動画が分かりやすいと思いますので、参考にしてみてください。

 

ボールを持つ手を後頭部に持ってくるようにするには?

 

では、これを習得するには、どうすればいいのでしょうか?

 

地味かもしませんが、以下のようにやってみてください。

①セットポジションの立ち姿勢をつくる。

②ボールを持つ手を後頭部に持っていった時に、肘が肩よりも高い位置にあるかをチェックする。

③それを20〜30回連続で行う。

これをキャッチボール前などボールを投げる練習前には必ずやってください。

 

多くの回数を行うことで身体にどの位置に手を持ってくるのかを教えます。

 

あとは、それをキャッチボール最中に意識をしていったり、投球時に意識しながら練習をするのです。

 

キャッチャーのスローイング練習前にやることで、スローイングが意識できるので、キャッチャーのポジションの選手にもおすすめです。

 

まとめ

 

皆さんがリリースポイントをどのようにして改善していくためにお悩みなのは分かります。

 

しかし、多くの方がリリースポイント自体に問題があり、それを改善していくことでいいのではないかと思ってしまいますが、実はリリースポイントに問題があるということは結果です。

 

その結果になってしまっていることは、もっと違うことが影響していることが、ほとんどです。

 

今回ご紹介したポイントは、リリースポイントを改善していく上での1つのポイントです。

 

他の部分を改善していくことで、よりリリースポイントが安定すると思いますので、ぜひ他の部分にもスポットを当ててみてください。

・投球フォームの動画チェック

・フォーム改善のトレーニング

などをご希望の方は、体験パーソナルトレーニングを申し込んで頂ければ対応させて頂いておりますので、LINE@ or メールからお申し込みください。

 

今回ご紹介したリリースポイント以外にも、野球に関して書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

ピッチャーがコントロールを良くするには、踏み込んだ時につま先の上に膝が来るように意識しましょう!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日のテーマは野球で、「ピッチャーのコントロール」に関して書いていきます。   ピッチャー経験のある方は、コン ...

速い球を投げるために絶対に必要な3つのポイントは?

埼玉県越谷・草加の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉です。   先週末からお伝えしている週末限定の野球に関するブログを今日も書いていきますね。   以前書いたブログは、こちらから ...

 

ただいま、野球のスキルアップのためのウエイトトレーニングメニューを作成し、noteにて発行しました!

 

ご興味ある方はぜひ、こちらからご覧ください。→ https://note.mu/ktomoya/m/m3cde47c3433e

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

パーソナルトレーニングはじめませんか?実際のトレーニングの流れをご紹介します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、初めて行く場所や何かを体験する時にワクワクしたり、緊張したりしませんか?   私もそういった経験があ ...

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日は、以前パーソナルトレーニングを受ける方から、トレーニングなどに関してお問い合わせがいくつかありましたので、それらの ...


埼玉(草加市・越谷市)への出張パーソナルトレーニングの新規クライアントを募集します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   現在、東京でパーソナルトレーナーとして活動していますが、今後は少しずつ埼玉へと活動を広げていこうと考えております。 主な ...

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , , , , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.