野球

ピッチング前におすすめ!胸を開くためのストレッチのやり方とは?

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉です。

 

ピッチングやキャッチボールをする前に胸のストレッチはしますか?

 

多分、ほとんどの選手がすると思いますが、ストレッチにも様々なやり方が有りますよね?

 

でも、上手く出来ないと、目的の部位を伸ばせないですし、逆に無駄に力が入る可能性もあります。

 

すると、練習でいいボールを投げられなかったり、試合ならバッターを抑えることが難しくてなってしまいます。

 

今日は、胸をしっかり伸ばし、開けるようにし、パフォーマンスを上げるためにおすすめの胸のストレッチをご紹介します。

 

このストレッチは、普段のトレーニングやピッチング・キャッチボール前に取り入れることがおすすめです。

 

胸の筋肉について

まず、胸の筋肉を理解して欲しいので、そこからお伝えします。

 

胸の筋肉は、大胸筋と小胸筋の2種が大きく分けてありますが、今日は大胸筋にスポットを当てていきます。

 

大胸筋は、その名前の通り、胸の大きな筋肉です。

 

この筋肉は、この様に身体についています。

細かくみていくと・・・

起始:胸骨・第2〜4肋軟骨、鎖骨
停止:上腕骨結節間溝

※言葉だけ見ると難しいので、なんとなく画像をみてイメージしてみてください。

 

この筋肉は、腕についていますから、腕を動かすときに作用します。

 

野球でいえば、投球動作の腕振りです。

 

この時に力を出していくので、投球動作が多くなると、この筋肉は張ってきます。

 

これは、ピッチャーをやったことがある方なら、1度は経験したことがあると思います。

 

また、この筋肉が張っていると腕を触れなかったり、胸が開かないので、腕の振りが甘くなってしまうこともあります。

 

胸のストレッチは3つの部位に分ける

 

そのようにならないために、胸のストレッチを行うと思いますが、これには大きなポイントがあるんです。

 

それは、3つの部位に分けるのです。

 

先ほどの筋肉の画像を再度見るなりして欲しいのですのが、実は胸の筋肉は3つの部位に分けられるのです。

・上部
・中部
・下部

この3つの部位をそれぞれ伸ばすことがポイントなのです。

 

この続きはこちらから→note「ピッチング前におすすめ!胸を開くためのストレッチのやり方とは?」

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , ,

© 2020 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER