身体の動かし方

持ち方で変わる!肩こりになってしまうバッグの持ち方とは?

埼玉県越谷・草加の姿勢改善専門トレーナー北村智哉です。

 

皆さんは、お出かけするときにどんなバックを持って出かけますか?

私は、基本的には両手をフリーに使いたいので、リュックで出かけることが多いです。

 

女性の方ですと、ハンドバックなどで出かけることが多いのではないでしょうか?

 

実は、バックの持ち方1つで、肩こりになってしまうかもしれません。

 

今日はそれについてお話ししていきますね。

 

持ち方で筋肉が張る?

 

皆さんは、バックを持つ際にどのように持ちますか?

・肩にかける

・手持ち

・腕にかける

きっと、この3つの持ち方のいずれかと思いますが、この中で3つ目の腕にかける持ち方では肩こりになりやすいと考えます。

 

バックを腕にかけて持つ際は、きっとこのようにかけて持つ方が多いと思います。

左側の紙袋のように持つことで、まず脇を締めます。

 

そして、肘を常に曲げるようにして、バッグを腕にかけるようにします。

 

この2つの動作によって、腕と脇、肩周りの筋肉が緊張しやすい状況をつくってしまい、長期間その持ち方を行うことで、筋肉が張ってしまいます。

 

すると、それが肩こりにつながってしまうのです。

 

これが数回ならいいのですが、トートバックを片側にずっとかけているのと同じように、このバックのかけ方も習慣化しやすい動作です。

 

習慣化してしまうと、身体もそれに合わせて変わりますから、先ほどのような状態になり、肩こりにつながってしまうと考えられます。

 

肩こりにならないようにしていくためには?

では、肩こりにならないようにしていくためにはどうすればいいのか?

 

まずは、そういったバックの持ち方はせずに、手で普通に持ってしまうのがいいと思います。

この持ち方が、変な力みなどが肩や腕に入らないと思います。

 

また、片側だけにずっと持つのでなく、たまには、いつもと違う逆側で持つこと含めて行なってあげるといいかなと思います。

 

片方だけに偏って持ってしまうと、これも変な力みなどが肩や腕に入ってしまい、肩こりを助長してしてしまうかもしれません。

 

バッグの持ち方1つで身体に変化ができます。

 

皆さんも日頃の癖や動きに気を使ってみてはいかがでしょうか?

 

肩こりを改善していくポイントをお伝えしているブログもありますので、こちらも参考にしてみてください。

慢性的な肩こりを解消するのに、ストレッチとエクササイズのどちらを選べばいいのか?

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   12月も半分を過ぎ、今年も残すところあと僅か・・・・仕事も年末に向けて忙しくなる方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか? ...

肩こり解消していくために、前鋸筋エクササイズをしていきませんか?

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、前鋸筋という筋肉を知っていますか?   メジャーといったら変ですが、力こぶの上腕二頭筋やお尻の大臀筋 ...

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢改善専門トレーナー北村智哉

-身体の動かし方
-, , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.