肩こり

胸のストレッチで肩こり解消!効果を出す3つのやり方とは?

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉(Twitter:@kugayamatomo)です。

 

デスクワークが多く、1日の終わりになると肩こりが強くなることを悩んでいませんか?

このブログで紹介する『胸のストレッチ』を実践すると、肩こりが少しずつ改善されていきます。

 

なぜなら僕も実際にデスクワークが多くなるとこれを肩こり予防のために行ったり、クライアントの方にもおすすめしているからです。

 

このブログでは、肩こり解消のための胸のストレッチを紹介して、そのポイントの3つをご紹介します。

 

ブログを読みながら、実践して、肩こりを解消してみてください。

 

肩こりになぜなる?

 

なぜデスクワークをずっと行っていると肩こりになってしまうのでしょうか?

 

まず、デスクワークの態勢をみていきましょう。

このようにデスクワークの場合、身体が縮こまっているような状態で、尚且つ、腕を常に前に出しています。

 

このような態勢になってしまうと、ある筋肉が収縮しっぱなしになります。

 

その筋肉は大胸筋です。

 

大胸筋って?

大胸筋とは、名前の通り、胸についている大きな筋肉です。

この筋肉が、先ほどのデスクワークの態勢をとっていると、収縮します。

 

収縮するだけならいいのですが、それが何時間も継続されるのです。

 

すると、筋肉は伸びようと思っても伸ばせなくなるのです。

 

簡単に言ってしまえば、筋肉がその状態で硬まってしまうのです。

 

すると、今度は肩周りの筋肉が、常に引き伸ばされた状態になります。

 

そのようになると、肩の筋肉は、収縮することが減ってしまい、引き伸ばされたまま固まってしまうのです。

 

また、デスクワークでは、肩も若干挙がった状態をキープしやすくなり、肩に力が入った状態になります。

 

それらが重なって、結果的に肩こりなってしまうのです。

 

つまり、肩こりだからとって肩のストレッチだけを行っても効果が薄いんです。

 

胸のストレッチをしっかり行っていくことで、身体が縮こまっているような状態を改善し、それが肩こり改善へと繋がってくるのです。

 


大胸筋は3つの部位に分けることが出来る

 

では、実際にどのようにしていけばいいのでしょうか?

 

ストレッチの方法を詳しくお伝えする前に、もう少し大胸筋についてお話ししていきます。

 

大胸筋は3つの部位に分けることが出来るのです。

大胸筋は以下のようにくっついています・

起始:胸の真ん中・第2〜4肋軟骨、鎖骨
停止:上腕骨結節間溝(腕の骨)

そして、これらを・・・

・上部
・中部
・下部

に分けられます。

 

イチョウの葉を3等分するように分けるようにイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

 

この3つの部位に分けて、ストレッチをしていくことで、大胸筋全体を伸ばすことが出来るのです。

 

胸のストレッチ

 

では、実際に胸のストレッチを行いうますが、先ほどお伝えした通り3部位に分けます。

 

中部

まずは中部からです。

①脚を前後に開き、壁に近づき、片膝立ちの態勢になる。

②伸ばしたい胸と同じ側の腕を後ろに伸ばし、手のひらを壁に当てる。
(その際に、肘は伸ばし切らないようにする。)

③そこから前方へ体重を移動させていく。その時に手のひらがズレにないように注意する。

④胸の上部が伸びているのを感じながら、30秒程度キープをする

 

上部・下部

次に上部と下部ですが、基本的な姿勢は、中部と同じです。

 

ただ、その中で腕の位置が変わってきます。

 

上部はこちらです。

目安として、腕を斜め下にしてあげてください。

 

下部の場合は、こちらです。

斜め上に置くことがポイントになってきます。

 

きっと多くの方が、肩と同じ高さに置いて行っているかと思いますが、このように腕の位置を変えるだけで、伸び方が変わってきますので、ぜひ行ってみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

肩こりを改善していくには、デスクワークによって縮こまってしまった状態を改善していかなければなりせん。

 

その要因の1つでもある大胸筋を伸ばしていく・・・ストレッチさせていくことが必要です。

 

しかし、大胸筋を伸ばすには、上・中・下部と分けて伸ばしていくことで、大胸筋を満遍なく伸ばすこと出来ます。

 

今日、お伝えしたストレッチをお風呂に入った後でも、仕事の合間でも構いませんので、ぜひ行ってみてください。

 

ただし1つ注意があります。

 

肩こりが慢性的な場合や、嫌な痛みがある場合、いきなりストレッチやエクササイズを行うと更に炒めるかもしれません。

 

そういった主観を感じる場合は、医療機関にて診察をしてもらってください。

 

肩こり改善の為にストレッチやエクササイズをして、逆に肩を痛めてしまっては意味がありませんからね。

 

肩こり改善に関しては、こちらのブログも参考にしてみてください。


重いコートを着て肩こりになってしまったら、肩のストレッチと背中のエクササイズで改善しましょう!

埼玉県草加市・東京都の駒沢公園・曙橋で活動している姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉(Twitter:@kugayamatomo)です。   冬の寒さも厳しくなっており、分厚 ...

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市)内でも新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉

-肩こり
-, ,

© 2020 肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER