野球

ホームラン・ライナー性の打球を打つためには、どの位置でボールを捕らえればいいのか?

埼玉県越谷・草加の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉です。

 

11月にもなり、野球のオフシーズンということで、トレーニングに励んでいる選手やチームも少しずつ出てきていると思います。

 

今日は、「ホームラン・ライナー性の打球を打つためには、どの位置でボールを捕らえればいいのか?」についてお話ししていきます。

 

ボールを捕らえる位置

皆さんは、ティーバッティングやバッティング練習をする時に、それぞれどんな打球を打ちたいかイメージしていますか?

 

中には、ホームランの様な打球を打つことをイメージしている選手もいるでしょうし、ライナー性の打球を打つことをイメージしている選手もいると思います。

 

それぞれイメージを持って練習していくことは大事ですが、ボールをどの位位置で捕らえるかということも大事になってきます。

 

バットの芯で捕らえることで、打球速度が早い打球を打てることは、野球選手や指導者からしたら当たり前の様に分かっていることだと思います。

 

しかし、ピッチャーが投げてからホームベースを通過するまでの中で、どの位置でボールを捕らえたらいいかをというのがわからない方は多いと思います。

あくまでも感覚で、この位置でというのは、人それぞれあると思います。

 

でも、それが数値化して、ある程度分かった状態で練習する方が練習の質も上がって、パフォーマンスが上がっていくと私は思います。

 

では、その位置は分かるのでしょうか?

 

実は、数値化してデータとして出いるのです。

 

ホームベースの◯センチ前で捕らえる

 

オリックスバッファローズのトレーニングコーチでもある鎌田さんのツイッターにこの様なツイートがありました。

ゴロ:約15-45cmホームベースの前のラインから後ろで捉えたらゴロになります。

ライナー:ホームベースの前のラインから約15cm後ろから7.5cm前までの範囲でボールを捉えるとライナーになります。

ホームラン:ホームベースの前のラインから22-45cm前で捉えるとホームラン(フライ)になります。

一連のツイートを詳しく知りたい方は、上記のリンクから読んでみてください。

 

これは、メジャーリーグの統計を基に海外で出されたものです。

 

メジャーの打者は、踏み込んだ際にホームベースの前ラインか、それよりも5〜7.5cm前に踏み込むようで、それを基に出された数値だとおっしゃっています。

 

このことから、ボールを捕らえる位置がベースに近くなればなるほど、ライナー性、またはゴロとなる様です。

 

詳しい続きはこちらから→https://note.mu/ktomoya/n/n09aca6517cdd

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.