野球

ピッチングのパフォーマンスを上げる遠投時の2つのポイントは?

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球のパフォーマンス改善専門トレーナー北村智哉です。

 

ピッチングのパフォーマンスが上らずに悩んでいませんか?

 

それを上げていくために、1つの方法として、遠投をする選手がいますが、私は遠投を行なっても必ず投球のパフォーマンスが上がるとは考えません。

 

なぜなら、実際のピッチングと遠投には大きな違いがあるからです。

 

しかし、2つのポイントを意識するだけで、パフォーマンスアップにも繋がると考えます、

 

今日は、遠投を行なってもピッチングのパフォーマンス上がらない理由と、意識する2ポイントをお伝えします。

 

是非、読み終わった後に、自分の練習を振り返ってみてください。

 

遠投と投球の違い

 

まず、遠投とピッチングの違いを考えていきましょう。

 

ピッチングの場合

ピッチングの場合、平地ではなく、通常マウンドがあります。

マウンドの高さは25.4cm、ホームまでは18.4mの距離があります。

 

そして、そこから本塁へと踏み込み、投げます。

 

この条件下で投げるわけです。

 

遠投の場合

次に遠投の場合ですが、主に平地で行い、距離は様々ですが50mや80mといった距離で投げますし、時には100m離れることもあるでしょう。

 

そして、遠投時に何も言わずに選手にやってもらうと、多くの選手がノーバウンドで相手に投げようとします。

 

50m程度ならノーバウンドで、ライナー性の軌道で届くと思います。

 

しかし、それ以上に距離を離していくと、大きな山なりの軌道を取るような投げ方になると思います。

 

ここで分りますよね。

 

通常のピッチングでは、大きな山なりの軌道を取るような投げ方になるでしょうか?

 

なりません。

 

大きな山なりの軌道を取るような投げ方になってしまうと、斜め上に向かって投げる様なリリースポイントになります。

 

しかし、マウンドからの投球を考えると、その様なリリースポイントで投げてしまうと、バックネットにボールをぶつける様な形になってしまいます。

 

ですので、大きな山なりの軌道を取るような投げ方で行う遠投は、私はやらない方がいいと考えます。

 


遠投は、やらない方がいいのか?

 

では、遠投は、やらない方がいいのでしょうか?

 

いや、そうとも限らないのです。

 

なんか、複雑だな・・・って思うかもしれませんが、遠投には肩のコンディションニングという位置付けでやるにはいいと考えます。

 

そして、遠投を行う際に2つのことを意識して欲しいのです。

 

続きはこちらから→https://bit.ly/3eeRDw0

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

野球のパフォーマンス改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , , ,

© 2020 肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER