お腹・くびれ スタイル改善

肋骨を閉じたウエストを作るには、どのような腹筋がいいのか? その2

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

今日は昨日の続きですね。

 

昨日のブログをまだ読まれていない方は、こちらからご覧ください。

肋骨を閉じたウエストを作るには、どのような腹筋がいいのか?

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日は、よく質問をいただく内容を書いていきたいと思います。   それは、「肋骨を閉じたウエストを作るには、どの ...

 

お腹を360°の方向から締めるには?

 

今日は、肋骨を閉じたウエストを作るためのポイントをお伝えしていきます。

 

まず、肋骨を閉じていくためには、前回の中でもお伝えしたようにお腹を360°の方向から締めるような力を出していかないといけません。

 

その感覚を得るためには、あることをすることをオススメします。

それは、深呼吸です。

 

深呼吸で息を吐き切る際に、お腹を出来るだけ薄くします。

 

イメージは、お腹の中にある風船をしぼませるようなイメージです。

 

まずは、これを出来るようにしていきます。

 

やってみると、意外と難しく、クライアントの方でも最初は吐き切るのが難しく感じる方もいらっしゃいます。

 

まずは、座って行うか、寝て行うかをおすすめします。

 

肋骨を締めるエクササイズ

 

そして、このお腹を360°の方向から締めるような力を感覚として掴めたら、最終的には、このエクササイズをおすすめします。

①仰向けの状態から、手と脚をそれぞれ床に対して直角になるように挙げます。その時に、脚は膝も直角になるように曲げ、お腹を360°の方向から締めるような力を入れておく。

②その状態から片脚を床に着くスレスレまで下ろし、そして元に戻す。

③その際に、腰が反らないように腰で最初に入れたタオルを潰すようにしておく。

④10〜20回を左右各2セット繰り返し行う。

以上となります。

 

まとめ

 

昨日・今日でご紹介した内容をぜひ行なってみてください。

 

身体を起こすような腹筋を行うときも、深呼吸で得た感覚を意識しつつ行うこともおすすめします。

 

最初から沢山の回数をこなすよりも、しっかり感覚を意識しながら行なってみてください。

 

今回ご紹介した内容以外にも、ウエストを締めていくポイントを書いたブログもありますので、そちらもぜひご覧ください。

脇腹を捻り、くびれを作るロータリートルソーを行う時に、捻り過ぎると効果が出ません!!

埼玉県越谷・草加の姿勢改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、ロータリートルソーという筋トレのマシンをご存知ですか?   ロータリートルソーというマシンは、お腹周りを捻るマ ...

なぜウエストが締まらない?ロータリートルソーの間違った使い方とは?

埼玉県越谷・草加の姿勢改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、ロータリートルソーというマシンを使ったことはありますか?   ジムに通われている方は、1度は使ったことがあるか ...

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

-お腹・くびれ, スタイル改善
-, , , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.