姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ

〜姿勢を改善し、猫背・腰痛・肩こり・理想のスタイルに改善していきましょう〜

野球

送球の時は、投げる腕の肘を引くのではなく、左右の肩を入れ替えましょう!

更新日:

埼玉県越谷・草加の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉です。

 

度々、LINE@からご質問を受ける送球に関してお話ししていきます。

 

投げる腕の肘は引かない

 

皆さん、送球する際に投げる腕の肘を引き意識はありますか?

外野手のように遠投する際は、あまり意識ないかと内野手がボールを捕ってから送球する際、キャッチャーが盗塁を阻止する際などは、この意識があると思います。

 

しかし、私は投げる際に肘を後ろへ引き意識は、あまり持たない方がいいと思います。

 

その理由は、余計な力みを生むからです。

 

実際にやってもらうと分かると思うのですが、投げる様に肘を後ろへ引いてみてください。

 

肩や腕といったところに、少し力が入るのが分かると思います。

 

これが試合や練習の中でボールを捕った流れで行うと、無意識に力強く投げようと思うと、かなりの力で肘を引いてしまうはずです。

 

すると、今試しに引いた時よりも肘を大きく引いてしまうので、より肩や腕といったところに、力が入りやすくなります。

 

もし、そんな状態で投げる動作を行うと・・・送球がずれる、肩や肘を痛めるといったところに繋がってきてしまう可能性があります。

 

でも、プロ野球選手を見ていると、肘を引いて投げているじゃないか!なって思うはずです。

 

確かに形としては、肘を引いています。

 

形として・・・皆さんが見ているのは、肘を引いた形になっているのを見て、投げるには肘を引かないといけないという先入観があるため、その様に思ってしまっているのです。

 

実は、肘を引く意識を持たなくても、肘を引いた形にすることができるのです。

 

この続きは→埼玉県越谷・草加の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉のnote

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

パーソナルトレーニングはじめませんか?実際のトレーニングの流れをご紹介します!

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   皆さんは、初めて行く場所や何かを体験する時にワクワクしたり、緊張したりしませんか?   私もそういった経験があ ...

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

パーソナルトレーニングについてこういう質問をよく受けます。

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。   今日は、以前パーソナルトレーニングを受ける方から、トレーニングなどに関してお問い合わせがいくつかありましたので、それらの ...

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.