肩こり

肩こり解消していくために、前鋸筋エクササイズをしていきませんか?

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

皆さんは、前鋸筋という筋肉を知っていますか?

 

メジャーといったら変ですが、力こぶの上腕二頭筋やお尻の大臀筋といった筋肉と比較すると、きっと知名度はないと思われる筋肉です。

 

しかし、肩こりを改善していくためには、この筋肉に注目していくことも大事になってくるのです。

 

前鋸筋って、どんな筋肉?

 

まず前鋸筋という筋肉は、どこにあるのでしょうか?

 

前鋸筋は脇の下にある筋肉です。

画像だけ見ると、肩甲骨の外側からスタートしている様に見えますが、実は違うんです。

 

さらにこの画像をみてください。

肩甲骨を半透明にした状態のものですが、この画像だと前鋸筋がどこからついているか分かりますね。

 

肩甲骨の内側からついており、肋骨と肩甲骨の間を通り、最終的に肋骨に付着しているのです。

 

そして、前鋸筋という筋肉は、主に肩甲骨と肋骨の動きに作用します。

・肩甲骨:外転、上方回旋(外に広がりながら挙る)

・肋骨:(肩甲骨の動きを出さない場合)肋骨を挙上

実際に脇の下を触っていただくことで、この筋肉に触れることができます。

 

ちなみに前鋸筋の「鋸」は、「のこぎり」とも読みます。

 

鋸の刃の様な形をしているからだといわれています。

 

前鋸筋と肩こりの関係

 

では、この前鋸筋と、肩こりがどの様な関係にあるのでしょうか?

 

先ほど前鋸筋の作用(働き)をお伝えしましたね。

 

特に、肩甲骨の動きで、肩甲骨を前に引き出す動きの外転が上手く出来なくなると、肩甲骨を後ろへ引きやすくなります。

 

肩甲骨を後ろへ引くと胸を張ります。

 

胸を張ることは、姿勢としてもいいだろうし、肩こりとは、あまり関係なさそうに思えます。

 

しかし、胸を張るだけならいいのですが、それが長時間継続されてしまうと、背中や肩といった筋肉が緊張しっぱなしになります。

 

その様な状態になってしまうと、筋肉は張り、それが結果的に肩こりとなって感じてしまうのです。

つまり、この前鋸筋に刺激を入れていき、胸を張りすぎない状態を作っていくことで、肩こりを改善することで出来るのです。

 

また、予防にも繋がってくるのです。

 

では、この前鋸筋をどの様にして刺激を入れていけばいいのでしょうか?

 

それは、次回ご紹介しますね。

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

埼玉県越谷・草加の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

-肩こり
-, , , , ,

Copyright© 姿勢・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.