野球

スクワットをやるなら深くやるのがおすすめ!その2つの理由は?

埼玉県草加市、東京都駒沢公園・曙橋の野球の動作改善専門トレーナー北村智哉です。

 

トレーニングを行う時にスクワットをする機会があると思いますが、どこまでお尻を落とせばいいのか?と思う事ありませんか?

 

このブログで紹介する『スクワットのしゃがむ深さ』を実践すると、スクワットの効果をより得る事が出来ます。

 

このブログでは、おすすめのスクワットの深さ、そしてその2つの理由をお伝えします。

 

お家でトレーニングする時や、ジムなどでトレーニングする時に参考にしながら行なってみてください。

 

スクワットとは?

 

スクワットですが、ご存知の方も多いかと思いますが、BIG3と言われるものの1つです。

 

ちなみにBIG3とは、以下のものをいいます。

・スクワット

・ベンチプレス

・デッドリフト

これらの種目を行う事で、全身を鍛える事が出来ます。

 

これ以外にも補助種目として、ラットプルダウンやショルダープレスといった、部位を細かく分けたエクササイズを行うといいのですが、今日はスクワットについてですので、いつかお話しできたらと思います。

 

スクワットは、下半身を鍛えていく種目で、多くの方がやったことがある種目でしょう。

 

実際に私も高校生の時には、行なっていました。

 

追い込むと、その日や翌日は、下半身がいうこと効かず、練習試合前などは、あえてやらないようにしていましたが、当時は好きな種目でもありました。

 

スクワットの負荷のかけた方は、様々で、バーベルを担ぐタイプや、ダンベル持ってやるタイプ、自重で行うなどがあります。

 

このブログを読んでいる方でも、他のツールを使って行なっている方もいらっしゃるかと思います。

 

そして、このスクワットですが、しゃがむ深さによって、種類分けがされているのです。

 


スクワットのしゃがむ深さによる種類分け

 

大まかに、しゃがむ深さは4つに分けられます。

①クォータースクワット:膝が45°程度屈曲した状態

②ハーフスクワット:膝が90°程度屈曲した状態

③パラレルスクワット:太ももと床が平行状態

④フルスクワット:股関節が膝の高さよりも下に落ちた状態

このようにみていくと、実際に行なっている方の多くの場合、①〜③までの深さでスクワットを実施しているかなと思います。

 

しゃがむ深さが浅ければ、高重量を扱えますし、また関節の可動域も小さくなるので、怪我や痛みがある方でも行いやすいかなと思います。

 

逆に深くなればなるほど、重量は扱いにくくなります。

 

そのため、あまりフルスクワットでやっている方は、少ないと思います。

 

しかし、私は可能でればフルスクワットでやることをおすすめします。

 

なぜフルスクワットなのか?

 

なぜ私が、わざわざ高重量を扱いにくいフルスクワットを勧めるのか?という理由をお話ししていきます。

 

まず、その理由をお話ししていきます。

 

私が、フルスクワットを勧める理由として2つあります。

①股関節を大きく動かすことが出来る

②臀部の筋肉を大きく刺激することが出来る

これを1つずつ解説していきますね。

 

続きはこちらから→スクワットをやるなら深くやるのがおすすめ!その2つの理由は?

 

トレーニングやストレッチ・その他のご質問はLINE@からお待ちしております!

 

只今、埼玉県(草加市・越谷市)内での新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は、下記のお問い合わせページからお問い合わせください。

 

また、体験パーソナルトレーニングは、どういう流れでやるの?と思った方は、下記のブログをご覧ください。

 

トレーニングのお問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらを参考にしてみてください。

 

取材や執筆などのお問い合わせはこちらからお願いします。

 

野球の動作改善専門トレーナー北村智哉

-野球
-, , , ,

© 2020 肩こり腰痛・スタイル改善専門パーソナルトレーナー北村智哉のブログ Powered by STINGER